2010年10月02日

google Chrome おすすめ拡張機能

さて、Firefoxをしながらオンラインゲームが激オモだったので、今はやり(?)のChromeさんに乗り換えてみることに。

試行錯誤しながら、とりあえず下記10個の拡張機能に落ち着きました。
10個って我ながらキリいい数字だな。

サーフィンするならChromeで全然問題ないけど、
こっとしたことが少し使いづらかったり。 はやく完全移行できないかなぁ。




@マウスジェスチャーとか

Mouse Stroke - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
https://chrome.google.com/extensions/detail/aeaoofnhgocdbnbeljkmbjdmhbcokfdb

マウスジェスチャー & ホイールストローク & 簡単なタブ管理など。
タブをドコに開くかとか、ホイールでタブを動かすとか設定したかったので、
マウスジェスチャー関連はコレに決定。

ただ、Firefoxはどんなページでもマウスジェスチャーができたのに対して、
Chromeは設定画面とかでは一部無効になるみたい。
めんどうくせぇ・・・

20101002_3.png




Aセッション関連

FreshStart - Cross Browser Session Manager - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
https://chrome.google.com/extensions/detail/nmidkjogcjnnlfimjcedenagjfacpobb

Firefoxでいうところのセッションマネージャーはどーしても見つからず、結局コレにした。
Firefoxのは勝手にセッションを覚えてくれてて、「前回Firefoxを閉じたときのセッション」があるけれども
これは自分で毎回セッションを保存しなきゃならない。非常に面倒くさい。

ただ、Chromeがクラッシュしたときのはある。ただし5分後とに保存とかだけど。
まぁ、しゃーないかな・・・

いいところといえば、Chromeを複数箇所で同期させてる場合に、そのセッションが引き継げること。

20101002_4.png



BAutoPager

AutoPager Chrome - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
https://chrome.google.com/extensions/detail/mmgagnmbebdebebbcleklifnobamjonh

Firefoxでいうところの、AutoPagerize for Greasemonkey。
ChromeのAutoPagerは何個かあるみたいだけど、適当にえらんだコレにした。
入れるだけでいいし、特に不満はないから無問題。

20101002_1.png




Cリンクを新しいタブで開く

LinkOpenNewTab - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
https://chrome.google.com/extensions/detail/bpmpkfchdclbiefndmcffachhiihcngj


ドメインが違えば、新しいタブで開いてくれる。
検索結果は残したまま新しいタブでページを開きたかったし、
ブログからブログとか次から次にサーフィンするときに、この機能は欲しかった。
特に設定なし。




DHPタイトルとアドレスのコピー

Create Link - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
https://chrome.google.com/extensions/detail/gcmghdmnkfdbncmnmlkkglmnnhagajbm

FirefoxでいうところのMake Link。
HPの紹介とか良くすることに気が付いた。
FirefoxのMake Linkは右クリックから使うけど、これはアイコンから使う。まぁ、慣れれば無問題。

20101002_2.png




Eタブ管理関連

TabJump - インテリジェントタブナビゲーター - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
https://chrome.google.com/extensions/detail/hokofmgcicpnjchllaccgedmmmbbnbmf

最近閉じたタブの復元のために使用。なんか見た目が良かったので。
あとは、関連するタブとか、頻繁に使用するタブとか見れるらしい。

20101002_5.png




FIE Tab

IE Tab - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
https://chrome.google.com/extensions/detail/hehijbfgiekmjfkfjpbkbammjbdenadd

いわずもがな。実は入れただけで使ってない。

20101002_6.png




GGMailチェック

Google Mail Checker - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
https://chrome.google.com/extensions/detail/mihcahmgecmbnbcchbopgniflfhgnkff

いわずもがな。
あんまりメールこないので役立ってないけど。

20101002_7.png




Hgoogle検索の結果に飛ぶ

Google Quick Scroll - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
https://chrome.google.com/extensions/detail/okanipcmceoeemlbjnmnbdibhgpbllgc

Firefoxのgoogleツールバーの「検索結果にジャンプ」って機能を多様してたんだけど
Chromeには当然googleツールバーなんてなくて
結局コレに落ち着きました。
まぁ、使えなくはない。
googleからリンクしたページにしか使えないけど。


20101002_8.png




I翻訳関連

Bubble Translate - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
https://chrome.google.com/extensions/detail/jlhlebbhengjlhmcjebbkambaekglhkf

最初Chromeは英語の勉強用にしようとか思ってたので、翻訳関連とか入れてた。
翻訳結果を噴出しで表示してくれます。
ちょっと表示の仕方にコツがいる。設定にもコツがいる。

20101002_9.png


設定はこう。
20101002_10.png

使い方は、Ctrlキーを「押しながら」範囲を選択する。




以上、「Google chrome 拡張機能」で検索して色々みたけど、
一番情報が見つかりやすいページは、結局2chまとめサイトでした。

こんな機能ない? Google Chrome エクステンション(拡張機能) | ライフハックちゃんねる弐式
http://lifehack2ch.livedoor.biz/archives/50996659.html


あと・・・chromeの同期には非常に注意!!

windows7で同じ拡張機能が使えなかったから消したら、
使えるwindowsXPのほうも全部消えた。
なきながら全部検索しなおして元に入れました。2時とか3時とか4時とかに・・・

本当、注意。




ラベル:Google Chrome
posted by tsupo at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

久しぶりのマクロ。


今、仕事で「一覧にまとまっているものを個別シートに分割する」っていうマクロが欲しかったんだけど
別に必須じゃないから、マクロを考える時間がなかったので
家で考えました。

会社に持っていく手段がないので、貼り付け。

VBAとか忘れまくってるから、全ての行がうまく動かなかったし、
1行書くたびにgoogle先生におせわになったぜ・・・
続きを読む
posted by tsupo at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

おすすめ動画&Web漫画

「一般の人向け」お勧め動画&Web漫画。
ニコニコのマイリストにはいってるやつを、YouTubeで探しなおして一般の人でも見やすいように。
さらに、コアなものは除外したネタを集めてみました。


【おもしろ系 動画】

無限階段に巻き込まれるハゲのアニメ「Hallucii」
http://jp.youtube.com/watch?v=CK6qa__9Kw4

タモリネタ「駅の発車アナウンス・北朝鮮と韓国の違い」
http://www.geocities.jp/mischier2000/tt.htm

【これはひどい】 建設失敗の例 (画像集)
http://3q3q.blog89.fc2.com/blog-entry-3443.html

YouTube - 15秒でわかる世界のむかしばなし
http://jp.youtube.com/watch?v=e81fFBj-qUM

YouTube - 15秒でわかる日本のむかしばなし
http://jp.youtube.com/watch?v=U_40Zlir4Sg

YouTube - 心の底から笑いたい人への動画
http://jp.youtube.com/watch?v=ucOv4OE30aI

YouTube - 【15禁】秋休み長野にはあった【シンデレラ皆勤賞】
http://jp.youtube.com/watch?v=yVvHTmKdpo8



【くだらな系 動画】

YouTube - 射精のメカニズム
http://jp.youtube.com/watch?v=dI5QuWdC-Pk

YouTube - 俺らゲットワイルだ'89 (MOVIE)
http://jp.youtube.com/watch?v=N6GjszKoE8I

YouTube - 伝説のテレフォンショッピング
http://jp.youtube.com/watch?v=4IHd0rKAkcU

YouTube - 思わず光る泥団子を作りたくなる動画
http://jp.youtube.com/watch?v=5fs21IGjqXo


【すごい系 動画】

YouTube - 生身の身体で峠を攻める男
http://jp.youtube.com/watch?v=LItk_TuLnE0

イチローをチョークで描く男
http://black.ap.teacup.com/omoshirodougakun/24.html

YouTube - 「普段通りの一日」の中で凄い技を決めまくる
http://jp.youtube.com/watch?v=rswgBGcAfZM

YouTube - アラジンのテーマソングの男女のパートを1人で歌いこなす男性
http://jp.youtube.com/watch?v=Rk8YkUPon-g

YouTube - 黒板を使ったストップモーションアニメ
http://jp.youtube.com/watch?v=fw8Qr-9Sx7M


【癒し系 動画】

YouTube - 滑り込むねこ。
http://jp.youtube.com/watch?v=rHZUPJji6w8

もふ日和〜初湯攻め2008〜
http://fumooon.blog60.fc2.com/blog-entry-199.html


【癒し系 曲】
YouTube - 筝・十七弦・尺八による「戦場のメリークリスマス」
http://jp.youtube.com/watch?v=Vg0RIpMCzGI


【ゲームやったことあるなら】
YouTube - 『DQ4 第二章で、ミュージカル』に勝手に絵をつけてみた
http://jp.youtube.com/watch?v=N91a2WY4mxA

YouTube - マインスイーパー 映画版
http://jp.youtube.com/watch?v=nYPF79m7iJQ




【面白系 Web漫画】
スーパーリアルRPG〜もしRPGが本当に現実的だったら?〓心理学ステーション〓
http://sinri.net/n/srrpg.htm

忍びの保存庫
http://www.geocities.jp/makidontstop2/
 →擬人化クマのプ○さん がいい感じ
 →白雪王子もいい感じ

ドラえも
http://nyumen.hp.infoseek.co.jp/
 →ドラえもんのパロ。ジャイアン女だったり。

藤井組クリップ
http://www.fujiigumi.com/manga/list.php?id=6
 →「かへ」が泣けました

オタクルセイダー/やりたい放題な漫画置き場
http://otacru.web.infoseek.co.jp/comic.html
 →マリオがオサレ漫画になってます。いい感じ。

ダンカン
http://dancom.jp/
 →僕オタリーマン と 理系の人 ですね。

べどらぶ
http://asame.web.infoseek.co.jp/bedora.html
 →こちらもドラえもんのパロ。

でりばり!
http://asame7.web.infoseek.co.jp/derbar.html
 →宅配便屋さんパロ。宅配便屋さんて・・・どんなんだ。
ラベル:動画 WEB漫画
posted by tsupo at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

Trac Lightning 「SampleProject」プロジェクトの削除

Trac Lightningを使い始めて・・・「SampleProject」の存在がジャマでたまりません。

なので消去。削除。どっかいけー。


@以下の2ディレクトリ削除
C:\TracLight\projects\svn\SampleProject
C:\TracLight\projects\trac\SampleProject
AApatch再起動
 ⇒もしかしたらいらないかも?

 C:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\bin\ApacheMonitor.exe
 でアパッチモニターを起動して左クリック→TracLightning→ReStart です。

はぁ、すっきり。
ラベル:trac Trac Lightning
posted by tsupo at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

Trac Lightningにマクロをインストールする

Tracのwiki・・・

フォントに色をつけたかったので、探してみました。

ありました。

気の向くままに・・・: 文字色をセットするマクロ(Trac0.11.1)
http://syo.cocolog-nifty.com/freely/2008/10/trac0111-feba.html


さて、問題です。
インストール方法が分からない。
なんか、Trac Lightningって普通のTracと仕様が全然違うんだろうか。

いたるページに
「プロジェクトごとに作られている『wiki-macros』の中に放り込むだけでOK」って書いてあるんだけど
そもそも『wiki-macros』っていうフォルダががない。

いや、1個だけあるんだけど、そこに入れても変化ナシ。



とりあえず、この方法でうまくいきました。
@プロジェクト内の「plugins」フォルダにつっこむ
 C:\TracLight\projects\trac\project-name\plugins
AApache再起動
 タスクにApacheのアイコンがなかったので、
 C:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\bin\ApacheMonitor.exe
 でアパッチモニターを起動して左クリック→TracLightning→ReStart です。


ちなみに、もう一個いい感じのマクロ(TitleIndexで自分で作ったもののみを掲載するマクロ)を
見つけたんだけど、
これが私の環境じゃ使えない。
pluginsフォルダじゃだめなのかな。

自作 Trac マクロ - MyTitleIndex
http://espion.just-size.jp/archives/06/079211432.html

あぁ、ヘルプミー・・・
posted by tsupo at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

Trac Lightning CSSのカスタマイズ

Trac Lightningを導入して、案件が始まるまでにTipsとか色々追加しておこうと
wikiをせこせこと書いてます。

ところで、wikiのヘッダー1からヘッダー3まで、大きさの違いしかないのね。
全部左寄せだし。
違いが分からない。
めっちゃ見にくい。

ということで、とりあえずヘッダーだけでも見た目を変えて見やすくしてみる。

背景をつけたり、段差をつけることで見やすくなりそう。

本当は他のところも色々触りたいんだけど、今はそんな時間ないし、
デフォルトもキライじゃない色使いだからいいや。



調べたら、触ってよいcssもいっぱいあるみたい。
でも、全体を一気に変えたいのであれば、「trac.css」を変更するのがよいらしい。

<変更するCSS>
C:\TracLight\python\Lib\site-packages\Trac-0.11.1.ja1-py2.5.egg\trac\htdocs\css\trac.css


11行目あたり
(変更前)
h1 { font-size: 19px; margin: .15em 1em 0.5em 0;}
h2 { font-size: 16px}
h3 { font-size: 14px}
(変更後)
h2とh3に下線を追加。h2に背景色追加。
h1 { font-size: 19px; margin: .15em 1em 0.5em 0;}
h2 { font-size: 16px; border-bottom: 1px solid #bbb; background-color: #eee; padding: 4px 0px 0px 4px;}
h3 { font-size: 14px; border-bottom: 1px solid #bbb;}


300行目あたり
(変更前)
.wikipage h1, .wikipage h2, .wikipage h3 { margin-left: -18px; }
(変更後)
h2とh3に段差を追加。h2に背景色を追加。
.wikipage { padding-left: 18px }
.wikipage h1 { margin-left: -18px; }
.wikipage h2 { margin-left: -10px;}
.wikipage h3 { margin-left: 0px;}



イメージ図

(変更前)
trac01.png

(変更後)
trac02.png


これでちょっと見やすいかな。

※2008/12/02
   編集時h2に背景がつかないのがみにくかったので、CSSを変更。それに伴いこの記事も修正。
ラベル:trac Trac Lightning CSS
posted by tsupo at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

SMFのテーマ

海外サイトですが、いいのがいっぱいある。

SMF Theme Site
http://custom.simplemachines.org/themes/


わたしのお気に入り
Aero79
http://custom.simplemachines.org/themes/index.php?lemma=90
SMFtheme01.jpg



<テーマ設定方法>

@zipファイルをダウンロードする
 Aeroだったら一番上の「Aero79_smf11final.zip」で。
SMFtheme02.png


ASMFに管理者でログインする

B「管理人室」

C「設定」の「テーマとレイアウト」
SMFtheme03.png

D下部にある「新しいテーマをインストール」の「ファイルから」でダウンロードしたzipファイルを設定
SMFtheme04.png


E「インストール!」ボタン


F私の場合、メンバーごとにテーマはかえたくないので「テーマとレイアウト設定」から
「ゲスト用テーマ」「全てを以下にリセット」でAero79に設定、「保存」ボタン。
SMFtheme05.png

これでテーマが適応される。
posted by tsupo at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Simple Machines Forum(SMF)のインストール

MT3でブログを立ててみたはいいものの、全くもって管理画面が重い。
しかもやりたかったことは部署内のコミュニケーションツールの確定で、ブログはなんか違う。
ということで、掲示板を建てることに。

プライベートでもお世話になってるSimple Machines Forumをインストールすることにしました。

環境:XAMPP
参照URL:http://logue.be/SMF.html


@公式ページからSMF(英語版)をダウンロード
2008/11/11現在、1.1.7が最新?(ベータ版で2.0があるようです。でも安定版1.1.7で。)

Home of SMF: Free PHP and MySQL forum software
http://www.simplemachines.org/


Aダウンロードしたファイルを解凍
ファイル数が多いので少し時間がかかります。


B解凍したフォルダをhtdocs下に配置
 今回は「bbs」フォルダに起きます。
 C:\xampp\htdocs\bbs


C日本語化ファイルをダウンロード
公式は1.1.7ですが、日本語化は1.1.3で大丈夫なようです。

SMF1.1.3リリース
http://forum.logue.be/index.php/topic,356.0.html


Dダウンロードしたファイルを解凍


E解凍したフォルダの中をBのフォルダ内にコピー
 上書きコピーしてしまうとダメになるので、フォルダを展開して
 一個ずつコピーする必要があります。
 上書きしていいのは「style.css」のみ。


Fhttp://ip-address/bbs/ にアクセス。
  →社内LAN内だけでアクセスしたかったので、
   ローカルIPアドレスでアクセスしてます。
   別にマシン名でもOKだけど。


Gウィザードにそって設定。
 mysqlは事前にユーザー作成しておくこと。



以上。SMFのインストールは簡単だ。
posted by tsupo at 11:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別セグメントからのHTTP参照(名前解決)

今の部署は2つの部署がくっついてできた部署なので、
もともとが持ってたローカルネットワークセグメントがある。

正確に言うと、10.28.129.x と 10.24.128.x かな。

一般ぴーぽーは、10.24.128.xのセグメントにいる。
サーバー群は、10.28.129.xのほう。

今回XAMPP(Apache)をサーバー群のほうに建てちゃって、
TracやらMTやらインストールするときに「http://マシン名・・・」で登録しちゃったから、
一般ぴーぽーから
 ・接続できない
 ・できてもスタイルシート(CSS)が適応されていない
なんて苦情が。

とりあえず、一般ぴーぽーのhostsにサーバー名とIPを記述すれば直りましたが。
なんて面倒。

ということで、TracもSMFも「IPアドレス」でインストールすることにしました。
IPだとhosts関係なくいけるみたい。
posted by tsupo at 10:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

XAMPPとTRACの共存

ブログとwikiを入れるために、XAMPPを入れてきたわけですが、
「どうせwikiを仕事で使うんなら、Tracを入れたら?」というとあるお方からの一声を機に
Tracとやらを入れてみることにした。

<Tracとは>
Trac(トラック)は、ソフトウェアのプロジェクト管理とバグ追跡のためのツールである。
Tracはバグのデータベース、バージョン管理、wiki間のハイパーリンク情報を提供する。
また、Subversion、Git、Mercurial、Bazaarといったバージョン管理システムへのウェブインターフェースも提供する。



Windowsの場合、インストール方法は超簡単。
Trac Lightningというインストーラーが提供されているので、「次へ」を押すだけでインストールできる。

FrontPage - Trac Lightning Wiki
http://sourceforge.jp/projects/traclight/wiki/FrontPage


案件管理ができるということなので、色んなところで紹介されてる。
抜粋。

Trac Lightningで始めるチケット式開発「電撃」入門 (1/4) - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/devtool01/devtool01_1.html

第2回 Trac Lightningで簡単インストール:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080508/301009/

[Think IT] 【バグ管理の作法】Trac徹底活用!
http://www.thinkit.co.jp/free/article/0712/4/



さて、本題です。

XAMPPにもApacheが入ってて、TRAC LightningにもApacheが入ってるので、
TRACをインストールした結果、ブログがみれなくなってしまった。
(ちなみに、Wagbyも入れてる。どうしたものか。)



探したら一発でみつかりました。

TracLightning(Trac月)とXAMPPの共存 - 三日坊主 日記
http://d.hatena.ne.jp/tiovitan2000/20080220



ちょっとだけ環境が違ったので、メモ的に残しておく。

XAMPP:1.6.8
Trac Lightning:2.0.9
Wagby:R5.7.2


ちなみに、使用ポートは以下のとおり。
XAMPPとTracがかぶってる。Wagbyは違うから見れるらしい。
Tracの使用ポートを8090にすることで回避できるかな。


XAMPP:80
Trac Lightning:80 → 8090
Wagby:8080




1.ポートの変更

httpd.confを変更。
探したらこんなところにいた。
C:\TracLight\CollabNetSVN\httpd\conf
53行目付近
Listen 8090

142行目付近
ServerName:8090

2.サービスインストール/アンインストールバッチの変更
変更なし。
サービス名被ってないと思う。



以上。これで再起動したらいける。

ていうか再起動の仕方がわからん・・・
ので、スタートメニューのTracから、サービスをとめて、開始させる。あってるんだろうか。
ラベル:xampp trac
posted by tsupo at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

Movable Type3.37のインストール

MT4の管理画面の重さに嫌気がさしたので、
MT3.37を新規インストールします。

環境:WindowsXP、XAMPP、社内ローカルネット内で使用。


参照URL:http://www.koikikukan.com/archives/2006/10/17-021538.php



@ファイルダウンロード
 six apartのサイトから、MT3を個人利用でダウンロードします。
 http://www.sixapart.jp/movabletype/license.html#personal

 movabletype01.png

 「協力:ECバイヤース」の上にあるリンク
   ↓
 「利用許諾に同意し無償ダウンロード画面へ進む」
   ↓
 「Movable Type 3.37」


Aファイルのアップロード
 社内なので、フォルダにおくだけ。
 C:\xampp\htdocs

 「mt」にフォルダ名を変更しておく。
 パーミッションの変更はWindowsなので不要。

 movabletype02.png


Bデータベース用フォルダ作成
 SQLLiteの場合は必要。
 今回はMySQLをつかってみるので作りません。


Cウィザード起動
 以下のアドレスにブラウザからアクセス
 http://pc-name/mt/mt-wizard.cgi

 mt37_01.png


 C-1 必須要件の確認

  mt37_02.png

  む・・・前にDBD::MySQLはインストールしたから表示されなくなってるけど、
  Image::Magickがまだ見つからないって怒られてる。

  ので、インストールする。こっちの記事参照。

  mt37_03.png


 C-2 データベースの設定
  MySQLの設定。
  
  mt37_04.png


  事前にMySQLでDBとユーザーを作成しておく。

mysql> create database blogdb;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

mysql> grant all privileges on blogdb.* to dbadmin@localhost identified by 'password' with grant option;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mt37_08.png


 C-3 メールの設定
  メール送信が必要な場合は設定しておく。

  mt37_06.png

 C-4 インストール


D終了


これで使えるようになった。
MT4よりかは・・・若干軽い。

でも、テンプレートの変更が面倒だなぁ、コレ・・・
ラベル:Movable Type xampp
posted by tsupo at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Image::Magickのインストール

Movable Type導入時に、Image::Magickがないと言われたので、インストールしておく。

環境:Windows XP SP2、ActivePerl5.8.8、社内ネットワーク


<手順>
@ImageMagickのページにいく
 http://www.imagemagick.org/script/index.php

A左メニューの「Binary Releases」内から「Windows」を選択
 imageMagick01.PNG

 「ImageMagick-6.4.5-3-Q8-windows-dll.exe」のHTTP欄の「download」を選択
 imageMagick02.png

 ※画像は「Q16」選択してますが、Q16でもQ8でもどちらでもいいらしい。
  (参考)http://www.ss.iij4u.or.jp/~somali/web/_imagemagick.html
   QuantumDepth=8バージョン(Q8)は業界基準の24/32ビットピクセルを提供します。
   通常はこのQ8バージョンで十分です。 もう一方のQuantumDepth=16バージョン(Q16)は、
   48/64ビットピクセルの高画質カラーを提供します。 Q8はQ16に対してメモリ使用量は約半分、
   CPU消費量は30%程度少ないです。
   学術・医学的な目的で使用する場合、高精度のQ16を選択すれば良いでしょう。

Bダウンロードしたexeファイルを実行。
 途中でチェックボックスを洗濯する箇所があるので、5個目の
 「Install PerlMagick for ActiveSta Perl v5.10.0 build 1004」
 にはチェックを入れておく。

 imageMagick08.png
 

CWindows再起動




これで本来ならインストールできるはずなのですが、なぜか行かない。なんでだろう。
ActivePerlのバージョンの違いかなぁ。

以下を試す。すべて失敗。

(1)ppmからインストール
set HTTP_proxy=http://proxy_example.com:8000/
ppm install Image-Magick

(2)CPANからインストール
set HTTP_proxy=http://proxy_example.com:8000/
cpan
install Image::Magick


結局、以下のページを参考にした結果、うまくインストールできました。
http://d.hatena.ne.jp/It_lives_vainly/20080313/


何がだめだったのかさっぱりわからない。。。

(3)ppmからインストール2(うまく言った方法)
set HTTP_proxy=http://proxy_example.com:8000/
ppm rep add "bribes" http://www.bribes.org/perl/ppm
ppm install Image-Magick
posted by tsupo at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

DBD::mysqlのインストール

前、Movable Type4をインストールしたときに、DBD::mysqlがインストールされてないって怒られてたのでインストールしておく。

DBD::mysqlはDBIドライバらしい。
DBIも入れておく。

環境:WindowsXP SP2、ActivePerl5.8.8


【確認方法】
コマンドプロンプトで「ppm」と入力。
Perl Package Managerが立ち上がる。

検索窓に「DBI」もしくは「DBD」を入力。
「DBI・・・」や「DBD-Mysql」がなければインストールが必要。


dbd-mysql01.png



【インストール方法】
参考URL:http://perldoc.jp/docs/modules/DBD-mysql-2.1026/DBD/mysql/INSTALL.pod

プロキシとかなければ、以下をコマンドプロンプトに打つだけでいけるに違いない。

ppm-shell
install DBI
install DBD-mysql

プロキシが最初から分かってれば上のコマンドを打つ前に環境変数にプロキシをセットしておけばいけるのかも。
set HTTP_proxy=http://my.proxy.server:8000/




会社からは、プロキシセットでインストールできました。
再インストールする前はいかなかったのに。
なんでだ。



まぁ、Windows再起動する前に必死でチャレンジしてた手動インストール方法をのせておきます。

@該当パッケージをダウンロードする。
 「DBI」、「DBD-mysql」ではじまる最新のモジュールをダウンロード。

 http://www.cpan.org/modules/by-module/DBD/


 2008/11/5現在、以下の2ファイル。
  ・DBI-1.607.tar.gz.tar
  ・DBD-mysql-4.010.tar.gz.tar


A解凍する。
 私はLhaplusを使います。

B空白が入ってないフォルダにおく。
 たとえば、C:\temp\dbi とか


Cコマンドプロンプトで以下を実施
<DBI>
cd c:\temp\dbi
perl Makefile.pl
nmake test

<DBD-mysql>
cd c:\temp\dbd-mysql
perl Makefile.pl
nmake test


これで、mysqlつかえるかな。
ラベル:DBD::mysql MySQL Perl
posted by tsupo at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MovableType4.2:他のサイトで公開されているテンプレートが適用できない

【環境】
会社のローカルネットワーク。
プロキシ経由して外部と接続している。

【現象】
管理画面の「デザイン」→「スタイル」から「プロフェッショナルウェブサイト」を選択した場合や、
「カテゴリ」の横にある緑の+プラスマークをクリックしてURLを指定した場合に、
「テーマの読み込みでエラーが発生しました! -- URLが不正です: 」というエラーになる。

 【原因】
 プロキシ指定ができていないため。
 
【解決策】
プロキシ指定を行う。

HTTPProxy | 環境変数リファレンス
http://www.movabletype.jp/documentation/appendices/config-directives/httpproxy.html


mt-config.cgiに下記1行を付け足す。

HTTPProxy http://proxy.sample.com:8080
ラベル:MovableType
posted by tsupo at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MovableType4.2: ローカルネットワークの別PCからテンプレートが適用されない

【環境】
会社のローカルネットワーク。

【現象】
とあるマシンにXAMPPを導入し、別マシンからそのPC名またはIPを指定して参照する。
テンプレート(CSS)が適用されておらず、見た目がすごいことになっている。
 
【解決策】
ブログ作成時の「サイトURL」が「localhost」になっているため。
PC名にすれば解決。
後から修正できないので、作り直さないといけない?

サイトURL: http://localhost/blog/
 ↓
サイトURL: http://pc-name/blog/
ラベル:Movable Type
posted by tsupo at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

Movable Typeのインストール

ブログを設置したいので、Movable Typeをインストールする。
最新が「Movable Type4」なので、これを新規インストール。
環境はOS:Windows XP、実行環境:XAMPP、Active Perl。

例によって参考URLに突っ込みを入れる形で。

参考URL:http://30smash.main.jp/mt/mt4settei/


@レンタルサーバー・・・は借りません。
 自分のマシンにインストールします。

Aダウンロード
 無償版をダウンロードする

B解凍、アップロード、属性変更
 解凍したものを、「C:\xampp\htdocs」の下に「mt」フォルダとして配置する。
 Windowsなので、属性変更はしなくてもよい。


Cブラウザからconfig設定
 Movable Type3.3のときは設定が事前に必要だったのだが、4になってからいらなくなったよう。
 素敵。

 というわけで、早速アクセスして、ブラウザから設定を開始する。
 http://localhost/mt/

 このままでもインストールできるが、いくつかオプションのモジュールが足りないとのこと。
 インストールしておきましょう。

Crypt::DSA
 コメント投稿時のサインインが高速に。
 別に不要かな。

Image::Magick
 画像のサムネイル作成。必要?

 (1)下記URLにアクセスし、「ImageMagick」ではじまり「tar.gz」で終わる
    ファイルをダウンロード
    http://www.imagemagick.org/script/download.php
    私はここから(会社ftpがつながらないので)
    http://ftp.surfnet.nl/pub/ImageMagick/

 (3)解凍したものをC:\temp\以下に配置

 (4)コマンドプロンプトから以下を実施
    cd C:\temp\ImageMagick-6.4.5\PerlMagick
    copy Makefile.nt Makefile.pl
    perl Makefile.pl
    nmake install

   うまくいかない?・・・保留。


Mail::Sendmail
 メール送信。必要。
 本来ならXMAPPについてるsendmailを私用するが、
 今回は会社のメールサーバーを使用するため
 XMAPPのsendmailはセットアップしない。

 (1)下記URLにアクセス
    http://search.cpan.org/dist/Mail-Sendmail/Sendmail.pm

 (2)右側にある「Download」からダウンロード、解凍。

 (3)解凍したものをC:\temp\testなどに配置

 (4)コマンドプロンプトから以下を実施
    cd C:\temp\test
    perl Makefile.PL

    test.plが作成される。

 (5)test.plの編集      
    テキストエディタで開き、★部分を編集する。

# if you change your mail server, you may need to change the From:
# address below.
$mail{From} = 'Sendmail Test <sendmail@alma.ch>';

$mail{To}   = 'your@mail.address.jp';  ←★送信先メールアドレス
#$mail{To}   = 'Sendmail Test <sendmail@alma.ch>, You me@myaddress';

# if you want to get a copy of the test mail, you need to specify your
# own server here, by name or IP address
$server = 'yourmailserver';  ←メールサーバー。localhostなど
#$server = 'my.usual.mail.server';


 (6)test.plの実行
    コマンドプロンプトで以下を実行
    メールが送信されればOK

    nmake test.pl

 (7)インストール
    コマンドプロンプトで以下を実行

    nmake install


DBD::mysql
 MySQLを使用する際のモジュール。今回はDBLite使うので不必要。
 本当は使いたいですが。


Dデータベース設定
 SQLLiteを使用する場合、「db」フォルダは作成してくれないので
 自分で作る必要がある。

Eテンポラリフォルダ

Eアカウント作成
ラベル:Movable Type xampp
posted by tsupo at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Active Perlのインストール・設定

XAMPPには「MiniPerl」が入っていますが、このままでは使いにくいため、一般的な「ActivePerl」をインストールする。

例のごとく、参考URLに突っ込みを入れる形で。


参考URL:http://mizushima.ne.jp/Windows/HTTP/ActivePerl/perl.php


@インストーラーのダウンロード
 ActivePerlは5.8.xをダウンロードします。
 5.10.xは・・・使いにくかったので。

Aインストール
 絶対に「C:\usr\」にインストールする!!

 activePerl01.png


BApache 「httpd.conf」の設定を行う
 私はXAMPPのため、設定変更なし。そのままで動く。

 以下を「env.pl」として保存し、「cgi-bin」に保管して実行してみる。
 面倒な場合は「env.pl」を右クリックして保存してください。

#!/usr/bin/perl -w
#
# env.pl
#
# This script dumps the environment variables in HTML format

use strict;
use warnings;
$|=1;

print "Content-type:text/html\n\n";

foreach my $var (sort keys %ENV) {
    print $var . "=" . $ENV{$var} . "<br>\n";
}



動けばOK。
これでactivePerlの設定おわり。
 
ラベル:Active Perl xampp
posted by tsupo at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WAMP環境の構築 - XAMPP

「LAMP」のほうが言葉としては有名。
動的なWebアプリの構築に適したフリーソフトたちのことらしい。
Linux(OS)、Apache HTTP Server(Webサーバー)、MySQL(データベース)、PHP(スクリプト言語)の頭文字。
これに対応して、OSをWindowsにするのが「WAMP」

今回は、WAMP環境の構築のため、ソフトを一括でインストールできる「XAMPP」を導入する。
参考URLに突っ込みを入れる形とするので、参考URLをみてくだはい。

参考URL:http://phpspot.net/php/pgXAMPP.html



@XAMPPのインストール
 面倒くさかったので全部サービス登録する。
 ⇒Apacheはサービス登録しないほうがよいかも。あとでサービスからアンインストールしました(笑)

 xampp01.png


AXAMPPのインストール完了後に、HTTP Serverの確認
 http://localhost/

 xampp02.png


BXAMPPの設定(セキュリティ設定)
 外部(他のマシン)からアクセスしたいため、今回は.htaccessの設定はしない。

 もし自分のマシンだけで動かしたい場合はHPの通り設定を行う。
 エクスプローラーから「.htaccess」に名前の変更ができないので、
 コマンドプロンプトから行う。

 xampp03.png
 
CXAMPPの設定(PHPの設定)
 下記、★部分のコメントアウト「;」を削除する。

[mbstring]
; language for internal character representation.
mbstring.language = Japanese  ←★

; internal/script encoding.
; Some encoding cannot work as internal encoding.
; (e.g. SJIS, BIG5, ISO-2022-*)
mbstring.internal_encoding = EUC-JP  ←★ ついでに「EUC-JP」から「UTF-8」に変更

; http input encoding.
mbstring.http_input = auto  ←★

; http output encoding. mb_output_handler must be
; registered as output buffer to function
mbstring.http_output = SJIS  ←★ ついでに「SJIS」から「UTF-8」に変更

; enable automatic encoding translation according to
; mbstring.internal_encoding setting. Input chars are
; converted to internal encoding by setting this to On.
; Note: Do _not_ use automatic encoding translation for
;       portable libs/applications.
mbstring.encoding_translation = Off  ←★

; automatic encoding detection order.
; auto means
mbstring.detect_order = auto  ←★

; substitute_character used when character cannot be converted
; one from another
mbstring.substitute_character = none;  ←★

; overload(replace) single byte functions by mbstring functions.
; mail(), ereg(), etc are overloaded by mb_send_mail(), mb_ereg(),
; etc. Possible values are 0,1,2,4 or combination of them.
; For example, 7 for overload everything.
; 0: No overload
; 1: Overload mail() function
; 2: Overload str*() functions
; 4: Overload ereg*() functions  ←★


DApache再起動
 タスクトレイからXAMPPコントロールパネルを表示させ、Apacheを「停止」→「開始」して再起動する。

E再度、HTTP Serverの確認
 http://localhost/

 「日本語」を選択すると、下記ページが表示される。

 xampp04.png

 メニューから「セキュリティ」をクリックして、セキュリティの確保に努める。
 1個目、2個目、3個目は真ん中にある「http://localhost/security/xamppsecurity.php」からパスワードを設定すればOK

 4個目、5個目、特に今は必要ない、です。



FPHPの確認。→info.phpを作って「OK」とでればOK。


以上で、設定おしまい。

posted by tsupo at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

覚書:おすすめWiki と 開発環境

今会社でwikiを構築中。
とりあえず、Apache、MySQL、PHPを導入する。
あとでこれも導入手順を覚書として書いておこう。

さらにwikiもどれがいいのかわかんなかったので
wikipediaで採用されている「MediaWiki」を導入。

・・・した後に、会社の人から「PukiWiki Plus!」がオススメと言われた。
ので、火曜日以降にこちらを再導入する。
http://pukiwiki.cafelounge.net/plus/?FrontPage


あと、開発環境(Apache、MySQL、PHP)は一個ずつ入れて、設定もチョーめんどかった。
と言ったら「XAMPP」を教えてもらえた。

以下を一発でインストールできるそう。
Apache HTTPD 2.0.52
MySQL 4.1.8
PHP 5.0.3 + 4.3.10 + PEAR + Switch
MiniPerl 5.8.3
mod_ssl 2.0.51
Openssl 0.9.7e
PHPMyAdmin 2.6.0 pl3,
Webalizer 2.01-10
Mercury Mail Transport System fur Win32 und NetWare Systems v4.01a
FileZilla FTP Server 0.9.4d
SQLite 2.8.15
ADODB 4.52
Zend Optimizer 2.5.7
XAMPP Security

「XAMPP」
http://phpspot.net/php/pgXAMPP.html

これもいつか使ってみる。
posted by tsupo at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

配色ジェネレータ

配色ジェネレータ
Color Scheme Generator 2
http://wellstyled.com/tools/colorscheme2/index-en.html

目に留まるHPはデザインがいい。
デザインがいいHPは色がきれい。

自分も、そんなHPを作りたい。
けど、どんな色にすれば・・・?

そんなときにこのHPが使えそう。

colorGenerator2.png
基盤となる背景色を選んぶだけで、その色に合う色を自動で決めてくれる。
色は、以下の3種類選ぶことが可能。
・モノクロ(2色)
・3色
・4色

 白+これで決定した2色
 黒+これで決定した2色
などの使い方もできそう。

posted by tsupo at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。